口コミとランキング
厳選&比較

漬物の乳酸菌なら毎日手軽に続けられます

乳酸菌はお腹に良いということはよく判っているけれど、乳製品はどうしても苦手で食べることが出来ないという方もいらっしゃるかもしれません。
確かに牛乳を主成分とするヨーグルトやチーズなどは、乳独特の香りや匂いがあります。

また戦後に一般に普及し始めたものであるため、特に年配の方は乳製品自体がダメだという方もいることでしょう。
そこでおすすめなのが、日本人が昔から食べて親しまれているお漬物です。
お漬物のぬか漬けには、植物性乳酸菌が含まれているため、腸内環境を改善させてくれる効果があるのです。

またぬか漬けを作るためには、米ぬかと塩、水、お漬物の材料となる野菜が必要です。
ぬか漬けの乳酸菌は、高い塩分が含まれたぬかで付けられているため、塩分に強い乳酸菌になります。
胃酸で乳酸菌が死滅してしまうこともないため、腸に乳酸菌が届く確率も高まるのです。
漬物に含まれている乳酸菌には、色々な種類があります。

リューコノストック・メセンテロイデス菌は、腸内を酸性にする力があるため、腸内の悪玉菌を退治してくれる力が強い乳酸菌です。
また漬物の酸味を作る力もあります。
エンテロコッカス・フェカリス菌はNK細胞を活性化させてくれる働きがあるため、免疫力を高めてくれる効果があります。
またNK細胞が増えることによって、ガンの進行を遅らせることが期待出来ます。

ガン予防のためにぬか漬けを食べることは理にかなったことかもしれません。
ラクトバチルス・プランタラム菌はアレルギー症状を予防してくれる効果がありますので、アレルギー体質の方や花粉症の方に効果があります。
ぬか漬けの中に含まれている一部の乳酸菌についてご紹介しましたが、植物性乳酸菌の種類はたくさんあります。
ぬか漬けから乳酸菌を摂ろうとするのであれば、是非手作りで作ってみましょう。
その理由は市販されているぬか漬けは、添加物などが含まれています。

特に使用されているソルビン酸などの保存料は、腸内の善玉菌を殺してしまう成分が含まれているからです。
市販のぬか漬けには生きた乳酸菌がほとんど入っていないので、家庭で作ることをおすすめします。

トップに戻る