口コミとランキング
厳選&比較

和食で乳酸菌を摂取可能?

乳酸菌は、ヨーグルトなどの発酵乳製品にだけ含まれていると思っている人は多いと思いますが、実は身近な毎日食べている日本を代表する食品にもたくさん含まれているってことを知っていますか?
例えば、味噌や醤油、漬物、大豆などが挙げられますが、これらは植物性の乳酸菌に分類され、ヨーグルトなどの乳製品は動物性の乳酸菌となります。
そうなんです、乳酸菌にも種類があるのです。

日本食は、穀物や豆を発酵させているもの、魚を発酵させているもの、野菜を発酵させているものに分けられ、昔から発酵食品が多く存在しています。

生きたまま腸に届くためには、植物性乳酸菌が大切なので、ヨーグルトや牛乳、チーズよりも和食をおすすめする理由です。
また、乳酸菌は腸内に長く留まることができないので、毎日摂取することが大切となってきます。
朝食をパンから和食に切り替え、白米、魚、味噌汁、納豆にするだけで生きたまま腸に必要な乳酸菌を体内に入れることができます。

牛乳やチーズなどにアレルギーがある人でも、和食は食べれるという人は多いようですし、1品づつでもよいので和食へ移行できると良いですね。

食生活やストレスなどが原因で、体内の乳酸菌は減少し、腸内環境が悪くなっているうえに、和食を食べる機会が減ったと言われる現代人は、腸内の悪玉菌が活性化しているので、食生活をまず見直すことが必要です。
味噌汁なら1日1杯で1日に必要な乳酸菌が摂れるので、早速実践したいですね。

トップに戻る