口コミとランキング
厳選&比較

ヨーグルトに含まれる菌の種類

ヒアルロン酸の原料にもなり、素晴らしい効果を発揮することが知られる乳酸菌ですが、みなさんは意識して摂取していますか。
毎日コツコツ摂取を続けていくことで、ピロリ菌などの身体にとって悪い菌も腸内から追い出すことが出来ます。
また、便通の改善により女性にとっては美容効果も高まるのです。
乳製品から摂取することも出来ますし、最近ではサプリメントにも加工されています
どのような製品にせよ、製造コストが非常に安価で済むので手頃な価格で販売されているのも大きな魅力の1つです。

例えば乳酸菌を「ヨーグルト」で摂取しようと思う場合には、この菌は「動物性」に該当します。
漬物類が「植物性」に該当するのとは異なり、動物の乳から加工するためです。
ヨーグルトのパッケージを見ていただくと、様々な菌の名前が表示されているのがわかります。
菌によって効果が若干異なっているので、自分の求めている効果に合わせて菌を選ぶ、というのがもはやスタンダードになりつつあります。
整腸剤などにも使用されているビフィズス菌はヨーグルトにも豊富http://www.giltclub.com/yogurt.htmlに含まれており、最も身近な菌かもしれません。
腸内環境を正常化する効果があるので、便秘にも下痢にも効果をもたらします。
若年層でも安心して摂取できるのも大きな魅力です。
その他にもダイエット効果があるもの、ピロリ菌の排出に優れているもの、動物性とは一線を画し植物性乳酸菌を使用して肩こりの改善などに役立つタイプのヨーグルトも登場しています。

菌によってはメーカーが独自で研究や発酵を行い、特許を申請している貴重なものもあります。
このような菌はメーカーもCMや広告で積極的にアピールしているので、目にする機会も多いかもしれません。
もちろん、どのような製品も食べやすいように工夫されています。
カレーの隠し味に加えても美味しいですし、毎朝バナナなどと合わせてヘルシーな朝食に仕上げるのも良いでしょう。
たくさんの菌をいろいろ試して、どれが自分に合っているのか挑戦してみるのもおすすめです。

トップに戻る