皮膚

カスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌

ヨーグルト界に激震を与えた人気のヨーグルトがあります。
それは「カスピ海ヨーグルト」です。
一時期テレビなどでも話題になりましたが、今も愛好している人は非常に多いのではないでしょうか。
カスピ海ヨーグルトには特殊な乳酸菌が含まれている事も知られています。
それは、「クレモリス菌FC株」です。
非常にユニークな特徴を持つ菌で、この菌が緩やかに発酵していくことでカスピ海ヨーグルトが生成できます。
実はこのヨーグルトに含まれる菌は日本人研究家が発見したもので、カスピ海エリアから持ち帰ったヨーグルトの研究でクレモリス菌FC株が発見されました。
ではユニークな特徴とはどのようなものでしょうか。

一般的にヨーグルトに含まれる乳酸菌は、動物性のため非常に酸に弱い性質を持っています
つまり、人間の体内に咀嚼により入ると、生きている状態でも胃酸により死滅するのが特徴です。
誤解がないように説明しておきますが、死滅しても効果は得られるので特に問題はないのですが、活発な活動が出来るわけではないのです。
しかし、クレモリス菌FC株で生成したものは、なんと生きたまま体内で活躍することが出来ます。
これは非常に優秀な菌と断定できるでしょう。
なんと酸に強いのです。
このようなタフな菌は「プロバイオティクス」などとも呼ばれており、最近のブームにもなっています。
今まではこうした生きたまま腸内に届くことが出来るタイプは植物性のものだけでした。
しかし、このカスピ海ヨーグルトだけ例外です。
今までよりも強い効果を得られる、という被験者もおり、頑固な便秘や下痢などに悩まされた人も一気に腸内環境が整うと称されています。
実は手軽に自分でカスピ海ヨーグルトを生成することも可能で、なんと粉末菌種などを用意すれば簡単です。
簡単レシピは多数ネットに公開されているので、手軽に生成してみてはいかがでしょうか。
毎日続けたいものですから、自分の手で安心して食べられるものを作りましょう。