口コミとランキング
厳選&比較

和食に豊富な植物性乳酸菌の魅力

乳酸菌と言えば動物性乳酸菌である乳製品がまず思い浮かびますが、乳酸菌は他にもあり、植物を発酵させた食品にも乳酸菌が含まれていてこの乳酸菌は植物性乳酸菌と呼ばれ動物性乳酸菌と区別されています。
植物性乳酸菌は、腸の中でしっかり届き腸内環境を整えてくれます。

それは植物性乳酸菌が乳酸菌にとって過酷な環境である加熱したり塩に漬けたり等の工程を経ても生きる事が出来るからです。
日本の味噌、醤油、納豆、ぬか漬け等のお漬物以外にも、ドイツのサワークラフト、韓国のキムチ、中国のザーサイ等、植物性乳酸菌が豊富に含まれた食品は昔から世界中で愛されています。

乳酸菌は整腸効果を期待して摂取する人が多いですが動物性乳酸菌と比較すると植物性乳酸菌は酸やアルカリに強いので生きたまま腸まで届きやすいのです。
何故生きたまま腸まで届くことが大事なのかと言うと、生きたままの乳酸菌に腸内細菌のバランスを整える効果があり整腸効果が高いからです。

そして特に欧米の人に比べて腸が長い日本人の腸には、生きたまま腸の中でしっかり働き、腸内環境を整えてくれる植物性乳酸菌が合っています。
また、植物性乳酸菌の1つであるお漬物等といった野菜の水分が減る料理は、水分が減って見た目の量が少なくなりたくさん食べる事が出来るので野菜に含まれている食物繊維を多く摂取出来ます。

これも腸内環境にとっては良い事です。
もちろん植物性乳酸菌だけではなく動物性乳酸菌、他の食事もバランスよく摂取する事が大事ですが、昔から日本で愛されて、現在外国でも注目されている植物性乳酸菌が豊富な和食を食生活に是非取り入れてみて下さい。

トップに戻る