口コミとランキング
厳選&比較

乳酸菌がダイエットに効くのはなぜ?

乳酸菌は、糖を分解するときに乳酸を生成する細菌の総称です。

悪臭を発する腐敗とは異なり、人間に有効なものです。
ヨーグルトやキムチ、味噌などの発酵食品は乳酸菌の働きによるもので、大昔から世界各地で身近な食材として親しまれてきました。
整腸作用や免疫力のアップなど、体に良い効果がたくさんあることで知られています。
ダイエットの効果もあると言われていますが、それはなぜなのでしょうか。

乳酸菌の効果として、最初に思い浮かべるのは整腸作用ではないでしょうか。
人間の腸にはたくさんの菌が住みついています。
体に害を与える悪玉菌と、良い影響を与える善玉菌に分けられます。
悪玉菌が多いと腸内は正常に機能しません。
乳酸菌は悪玉菌が優勢な環境を整え、腸が正常に機能し消化がスムーズになる手助けをします。
悪玉菌が発する有害な物質が減ると、血液がサラサラになります。
腸から吸収した栄養はきれいな血液によってスムーズに細胞に運ばれ、細胞は栄養を受け取って消費しやすくなります。

これらの作用で代謝がよくなり、ダイエットにつながるのです。
乳酸菌の一種であるラクトバチルスは小腸に住みつき、共役リノール酸を生成します。
共役リノール酸は脂肪を分解してエネルギーへ変換する酵素の働きをサポートします。
筋肉細胞に栄養を送る働きもあり、代謝を高めます。

どちらもダイエットに効果的な働きです。
さまざまな種類の乳酸菌の働きで、体を健康的に内側から整えることでダイエットに役立つのです。

トップに戻る