口コミとランキング
厳選&比較

発酵食品で乳酸菌摂取をしよう

スーパーのお菓子売り場を見たときに、乳酸菌○○なんていうお菓子を発見してびっくりし、乳酸菌というのはからだにいいことは知っているけど、いったい何から摂取するのが一番いいのだろうと考えてしまいました。

お菓子から乳酸菌を取り入れるというのも、同じお菓子を買うのであればからだに良いお菓子を選びたいですし、外食が続いているときはサプリメントから摂取もしたいですが、毎日のことですから食材から取り入れたいですよね。
最近注目されている乳酸菌は、乳酸菌の中でも植物性乳酸菌というものであり、免疫力の向上に役立つとされています。

免疫力をあげるためには、善玉菌が必要になりますが、それは善玉菌が腸内環境を改善する働きをし、腸内環境が改善されることによりからだも健康になるという仕組みになっているからです。
それでは、善玉菌がある直物性乳酸菌を多く含んでいる食品は具体的にはどんなものがあるのでしょうか。
植物性乳酸菌をたくさん含んでいるのは発酵食品であり、漬け物や味噌、日本酒、醤油、酢などで、身の回りにある食品で和食によく使われる食材であることに気がつきますね。

いろいろな発酵食品を摂取することで腸内の善玉菌が増えやすいことが研究でわかっており、そのことにより腸内環境が整えられます。
そして、免疫力が高まり、特に冬に流行するインフルエンザの予防につながるともいわれ、栄養面で非常に優れています。
調味料など毎日継続的に摂取するのは簡単にできそうですが、塩分が多いものばかりですので注意が必要になります。
たとえば、豚キムチのように漬け物を用いたおかずを作ったときは、漬け物や味噌汁はやめて生野菜サラダやスープにするなどしてもバランスよく食事をすることができますね。

発酵食品と野菜の同時摂取は非常に効果的で、野菜に含まれる食物繊維が乳酸菌を増殖を助ける働きをします。
発酵食品の野菜といえば、漬け物やピクルス、キムチなどがありますね。

発酵食品を中心とした和食メニューを心がけて、外食が続いたときはサプリメントで補うなど植物性乳酸菌を意識した日々を過ごして元気に過ごしましょう。

トップに戻る